美味しいと思ったお酒No.2

静岡県のお酒といえば、「開運」とか「磯自慢」なんてのも有名ですが、私が飲んでおいしかったと思うのは「志太泉」というお酒です。詳しくは覚えていないのですが、ここの純米吟醸酒を飲ませていただいたのですが、それがいまだに忘れられません。
普通は1000リットルとかの大きな樽でお酒を造るのですが、ここでは500リットルずつ少なめに細分化された種類のお酒を造っています。地元でないとなかなか手に入りにくいとも言われるので、半分は飲んだことによる感激の美味さと酒の美味さで記憶に残っています。
香りが少なめで、先味、中味、後味と全体を通して控えめなのですが、後味が良く飲んだ後に名残惜しいと感じるお酒でした。

 

 

変わっているのは、魚をつまみに飲むのは当たり前ですが、ウイスキーなんかのように、ピーナッツやチョコレートをつまみに飲めてしまうような、そんな日本酒なんです。地元に行かないとなかなか手に入らないということでそうそう飲める機会がありませんが、ぜひまた飲みたいという逸品です。

関連ページ

日本酒豆知識
日本酒を購入するとラベルにからならず製造年月が書かれています。ワインも同じように製造年が書かれていてそれで価値が変わってきます
酒の種類
純米酒、吟醸酒、大吟醸って何が違うかというと、お酒を造る際のコメの削り方で分類されています。
おいしいと思った酒No.1
自分がいろいろと飲み歩いた中でダントツに美味しいと思ったお酒があります。それは長野県橘倉酒造「菊秀」という銘柄の純米大吟醸原酒です。
目の疲れが気になって眼科に行くと目薬とコンタクトを控えるように注意された
お仕事は医療事務をしていて仕事中に文字やパソコンをよく使用します。最近では帰宅してからスマホ操作もするからか、目の疲れをものすごく感じるようになったんです。
許せないお酒
あくまでも個人的な感想です。個人の味覚で感じ方も変わってきますのでご容赦ください。まず「紀ノ酒」の純米吟醸生酒です。まずにおいが悪いです。
日本酒
現在、大学院後期課程1年生。お酒を飲み始めてまだまだ年は浅いものの、日本酒の魅力にどっぷりはまっちゃってます。そんな自分が日本酒について語っちゃいます。
合コンと不倫を繰り返してるうちに・・・。
学生時代からの友達に未だ独身の人がいるんですけど、大学卒業後、良い会社に就職が決まって、容姿も悪くないし、仕事もできるんですが…